配送料無料 (計2000円以上)

先輩社員がおすすめする「入社...

2017年 3月 29日 水 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

マイナビニュース

先輩社員がおすすめする「入社前の新社会人に読んでほしい本」
マイナビニュース
季節は春。4月から新社会人となる学生の皆さんは、引っ越しなどで慌ただしい日々を送っているかもしれない。しかし、忙しいときこそ本を読んで一息つくのも大切ではないだろうか。そこで今回は、先輩社員に聞いた「新入社員が入社前に読んでおくこといいと思う本」のアンケート ...

Powered by Google

伊集院静氏エール 東北にある不...

2017年 3月 27日 月 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

伊集院静氏エール 東北にある不屈の精神/復刻
日刊スポーツ
仙台市在住の直木賞作家伊集院静氏(61)が26日、東日本大震災の被災者にエールを送った。自らも被災して「精神的なダメージがあった」と明かした上で、歴史的に地震被害を受けながら、その都度、再生してきた東北地方が持つ「不屈の精神」を紹介。「光が差す時は必ず ...

混迷の時代こそ司馬文学を 贈賞式で葉室麟さん 歴史シンポで黒田如水論も 大阪
毎日新聞
これまで受賞者は、立花隆(第1回)、宮崎駿(第3回)、宮本輝(第13回)、沢木耕太郎(第17回)、伊集院静(第18回)の各氏ら、そうそうたる顔触れが並ぶ。九州・山口在住者としては葉室さんが初の受賞。 久留米の明善高校時代に『竜馬がゆく』を読んで以来の司馬ファン。

Powered by Google

弟の海難事故、前妻・夏目雅子...

2017年 3月 26日 日 2:19 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

エキサイトニュース

弟の海難事故、前妻・夏目雅子の死を経て。伊集院静が明かす『さよならの力』
エキサイトニュース
春は、別れの季節。それは私たちに何を与えるのか。哀しみだけではない きっと「さよならの力」があるはず。――週刊現代にて連載中の『それがどうした 男たちの流儀』をまとめた人気シリーズの最新刊『大人の流儀 さよならの力』で、作家の伊集院静は自身の別離の体験を ...

and more »

「プレミアムフライデー? まったく…この国はそのうち滅びるね」
現代ビジネス
目をこすりながら現れた伊集院静は、苦笑まじりにつぶやいた。その日は明け方まで、久しぶりの作詞に勤しんでいたという。 週刊現代の人気コラム『それがどうした 男たちの流儀』をはじめ、手がける週刊誌連載は4本。昨年7月からは、日本経済新聞でサントリー創業者である ...

Powered by Google

「プレミアムフライデー?まった...

2017年 3月 17日 金 2:19 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

「プレミアムフライデー? まったく…この国はそのうち滅びるね」
現代ビジネス
目をこすりながら現れた伊集院静は、苦笑まじりにつぶやいた。その日は明け方まで、久しぶりの作詞に勤しんでいたという。 週刊現代の人気コラム『それがどうした 男たちの流儀』をはじめ、手がける週刊誌連載は4本。昨年7月からは、日本経済新聞でサントリー創業者である ...

Powered by Google

伊集院静が語るさよならの力-日...

2017年 3月 15日 水 2:19 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

日テレNEWS24

伊集院静が語る さよならの力
日テレNEWS24
作家・伊集院静氏が深層NEWSに登場。伊集院氏は「別離を経験したことで得る生きる力がある」と言います。自らも、弟、そして前妻との別れを経験した中で見つけた「生きる力」とは何なのか。誰もが経験する大切な人との別れにどう向き合い、そこから人は何を学ぶべきなのか。

and more »

Powered by Google

伯母に篠ひろ子、香川とU20W杯...

2017年 3月 9日 木 2:19 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

伯母に篠ひろ子、香川とU20W杯の青山隼は俳優に
日刊スポーツ
伯母の女優篠ひろ子、作家の伊集院静夫妻からも「やれるだけやってみたらいい」と背中を押された。「選手の時と同じで、少しでも人の心を動かせる、そんな存在になりたい」とでっかい夢を追う。【八反誠】. ◇青山隼(あおやま・じゅん)1988年(昭63)1月3日、宮城県生まれ。


日本経済新聞

老いて導き出す希望 日経小説大賞『姥捨て山繁盛記』
日本経済新聞
伊集院静氏 新人の場合、長編では全体の構成の波とキャラクターの付け方でバランスを失うことが多いが、受賞作はバランスが非常に良かった。導入部から最後までムダがない。山の上と下で物語が展開する構造で、全体を俯瞰(ふかん)して見る作家の目がある。その点が群を ...

and more »

Powered by Google

中日春秋-中日新聞...

2017年 3月 6日 月 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

中日春秋
中日新聞
長くコンビを組んだ作家の伊集院静さんが書いている。「トモさんの装丁を見ていると、そこにトモさんがにじみ出ている。哀(かな)しい作品にはトモさんの哀しみが、陽気な作品にはトモさんの悦(よろこ)びが伝わってくる」。作家や作品の思いを自分の心でデザインした人である.

Powered by Google

【居酒屋ブルース】日曜中山11R...

2017年 3月 5日 日 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

【居酒屋ブルース】日曜中山11R - 予想王TV@SANSPO.COM
サンケイスポーツ
ひいきの居酒屋で、オーダーした芋焼酎「妻」のロックをカウンターに置いたスタッフの琢磨が話しかけてきた。 「おや? 今週もため息からスタートですか」. きょうは、君に ...

and more »

Powered by Google

長友啓典さん死去、77歳 グラフ...

2017年 3月 4日 土 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

J-CASTニュース

長友啓典さん死去、77歳 グラフィックデザイナーの大御所
J-CASTニュース
また、週刊文春で連載中の伊集院静さんの「悩むが花」の挿絵画いているほか、全日空の機内誌「翼の王国」でのエッセイも執筆していた。 公益社団法人「日本グラフィックデザイナー協会」の理事、東京造形大学客員教授も歴任した。 2016年末から体調を崩していたが、個人 ...

and more »

エンタメ小説・今月の推し!
毎日新聞
ホモセクシュアルならぬホモソーシャルな男同士の交流をしみじみと読ませるのが、伊集院静さんの『東京クルージング』(角川書店)だ。多くを語らず、礼節と配慮が行き届き、時に厳しく時にバカバカしくもかわいい男の世界がそこにある。 思えば『いねむり先生』(2011年)にも、男 ...

Powered by Google

伊集院静氏 小説「東京クルージ...

2017年 3月 3日 金 2:20 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

愛媛新聞

伊集院静氏 小説「東京クルージング」刊行
愛媛新聞
小説家の伊集院静氏が、角川書店から最新作「東京クルージング」を刊行した。松山市が主要な舞台の一つで、2013年の「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」(講談社)に続く愛媛ゆかりの作品だ。 本作には、米大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手の ...

and more »

Powered by Google